■ ownCloud


ファイルの同期を取るサービスです。

お手元のローカルPCにクライアントソフトをインストールし、
 (1)ローカルPCの指定フォルダ ←→ (2)Waffle CellのHDD
という形でファイルの同期を行います。

上記(1)でファイルの編集を行うと、変更されたファイルは(2)にコピーされます。
(2)でファイル削除すれば、(1)の同名ファイルもすぐ削除されます。

ownCloudで同期された(1)ローカルPCのファイルは、他のファイル同様エクスプローラで表示されますが、
(2)Waffle CellのHDDのファイルはエクスプローラで表示されません。ブラウザでWaffle Cellトップページ → ownCloudにログインして表示します。

バックアップではなく、あくまで同期です。
ownCloudで同期指定されているファイルを(1)ローカルPCで削除してしまうと、(2)Waffle CellのHDDからも削除されてしまいます。
同様に(2)Waffle CellのHDDからファイル削除すると、(1)ローカルPCからも削除されます。

■SSL対応!
2017年3月よりSSLを無料提供開始しました。出先のPCからownCloudへVPN接続なしで安全に接続できます。これにより、ownCloudへの接続方法は次の3通りとなります。
  1. SSLがサービス追加されている。出先のPCからはVPN接続なしで安全に接続可能。
  2. SSLがサービス追加されていない。出先のPCからはVPN接続。
  3. SSLがサービス追加されていない。同じLAN内のPCからのみ接続。

<< Contents >>

  1. 管理者
    1. ユーザー登録
  2. 一般ユーザー
    1. 使い方
    2. Windows や Mac との同期
    3. 同期の確認
    4. 同期フォルダの追加
  3. 関連情報へのリンク

■1.管理者


1.ユーザー登録

Waffle CellにSSLを下記手順により追加できます。
Waffle Cellトップページ → 管理ページ ログイン→ サービス追加 → [Update]カテゴリー → Waffle CellアップデートTLS/SSL


※もし上記メニューに「Waffle CellアップデートTLS/SSL」が表示されない場合は、「**サービス一覧のアップデート**」を実行してください。


次にユーザー登録をします。
Waffle Cellトップページで「ownCloud」をクリックし、
ownCloudのサービス追加時に指定した「ownCloudの管理者ID(初期値 admin)」・「ownCloudの管理者パスワード」でログインをします。
※「ownCloudの管理者ID」と「Waffle Cellの管理者ユーザー名」は別物です。混同しないようにご注意ください。


「ownCloud用のユーザーID」を発行します。間違いのないよう、「一般ユーザー名」と同じにしておくといいでしょう。


「ユーザー」をクリックすると下記画面が表示されます。

次に画面上で「ログイン名」「パスワード」「グループ」を指定し、作成ボタンを押します。 これで新規ユーザーが作成されます。ここで

 ・グループは「管理者」も指定可
 ・「デフォルトストレージ」でディスク容量制限も指定可

■2.一般ユーザー


1.使い方

各ユーザー名でログイン後、マウスのドラッグ&ドロップ機能でファイルをアップロードします。 フォルダを使いデータを整理してください。

・テキストファイルはブラウザで編集可能です
・オープンオフィスやPDFファイルは表示可能です
・その他のファイルはクリックすることでダウンロードできます
・音楽ファイルは再生も可能です

2. Windows や Mac との同期

お手元のローカルPC(Windows や Mac) にクライアントソフトをインストールすることでデータを同期できます。

  1. クライアントソフトをダウンロード(注意:英語サイト)
  2.   「Install Desktop Clients」のWindowsならWindows用をダウンロード。
  3. ダウンロードしたらインストール開始
  4. すべて初期値でOK・・・とにかくインストールする
  5. サーバーアドレス欄入力。下記の3種類のやり方があります。下記3種類とも同じLAN内から接続可能です。サービス追加しているownCloudのバージョンによって末尾が「ownCloud」「ownCloud9」となります。

    1. SSLがサービス追加されている。出先のPC(例:喫茶店のWifi)からVPN接続しないで安全に接続可能)
      → 『http+s+ホスト名の前に L- (エルハイフン)を付ける』
       https://L-<ホスト名>.wafflecell.com/owncloud または
       https://L-<ホスト名>.wafflecell.com/owncloud9
       【例】https://L-example.wafflecell.com/owncloud9
    2. SSLがサービス追加されていない。出先のPCからVPN接続する場合。
      → 『http+ホスト名の前に L. (エルドット)を付ける』
       http://L.<ホスト名>.wafflecell.com/owncloud または
       http://L.<ホスト名>.wafflecell.com/owncloud9
       【例】http://L.example.wafflecell.com/owncloud9
    3. SSLがサービス追加されていない。出先のPCからVPN接続しない場合。
      → 『http+ホスト名の前に L. を付けない』
       http://<ホスト名>.wafflecell.com/owncloud または
       http://<ホスト名>.wafflecell.com/owncloud9
       【例】http://example.wafflecell.com/owncloud

    ※Cの接続方法で出先のPCからも接続できますが、セキュリティの面からCの接続方法はお勧めしません。

  6. ownCloud用ユーザーID・パスワードを入力。(上図の例で言えば、suzuki)
  7. [接続]クリック → 同期開始!

これで
 C:\Users\<ユーザー名>\ownCloud ←→ Waffle CellのHDD
という形で、ファイルの同期を取ることができます。 

3.同期の確認

上記までの操作により、ファイルの同期が開始されました。
C:\Users\<ユーザー名>\ownCloud の内容はもちろんエクスプローラで確認できますが、 Waffle CellのownCloudに同期が取られたファイルはエクスプローラでは見られません。
ブラウザを起動し、ownCloudにログインした後、確認できます。

  1. お手元のローカルPCのブラウザで、Waffle Cellトップページ(L.<ホスト名>.wafflecell.com)を開く。
  2. 利用可能 Webサービス一覧の中から、ownCloud クリック。
  3. ownCloud用ユーザーID・パスワードを入力。
  4. 同期を取ったファイルがブラウザに一覧表示される。
上記画面に表示されているファイル名一覧は、 C:\Users\<ユーザー名>\ownCloud のファイル名一覧と同じになります。

下記はownCloudで同期を取ったローカルPCのエクスプローラです。上記のownCloudとファイル名が一致しています。


4.同期フォルダの追加

ownCloudでは、同期を取るローカルPCのフォルダの初期値は
「C:\Users\<ユーザー名>\ownCloud」になりますが、初期値以外のフォルダで同期を取ることも可能です。

(1)クライアントソフト右側の「アカウント」 → 新規追加 クリック。


(2)あとはC:\Users\<ユーザー名>\ownCloud を設定したのと同じ要領で「サーバーアドレス」を入力し、 画面の指示に従って「別フォルダ」を登録してください。

※追加するフォルダにリムーバブルディスクは指定しないでください。 入れ忘れ、異なるメディアの誤挿入などの危険性があるからです。

簡単なやり方:
同期フォルダを追加しないで、
C:\Users\<ユーザー名>\ownCloudの下にフォルダを作り、その中に同期するフォルダをエクスプローラ(Windowsキー+Eで起動)でコピーすると いう方法もあります。
バッチファイルを作って昼休み、終業前など定期的に「下のフォルダ」にコピー → 同期実行するといいでしょう。


■3.関連情報へのリンク


項 目